FC2ブログ
アーバンクラフトは、1989年に建築模型・スタディ模型・建築パース等の制作会社としてスタートしました。以来、熟練したスタッフの技術力と新しい設備の導入により、制作依頼を承ったクライアントから高い評価を頂いています。

時代は今、あらゆる分野で変革期を迎えており、模型制作においてもそれは例外ではありません。アーバンクラフトではデジタル入力の三次元加工機の導入等により、正確な加工と作業効率の向上を図ると共に、時代の求める短納期化・コストダウンに努めています。またその一方、制作における想像力を持ち、「クライアントは今何をもとめているのか」を常に考え、材質や見せ方にこだわった新しい模型をご提案しています。

神楽の小道具(三叉+槍)



制 作 年:2006/2
スケール:1/1原寸
制作材料:ジュラルミン+木製丸棒
制作時間:

コメント:ジュラルミンで神楽の小道具を作る
     制作スタッフが趣味で作ったもの

     
スポンサーサイト



【2006/02/25 10:40】 | 模型 | page top↑
樹脂ねんど制作 昔の風景2



制 作 年:2004
スケール:1/20
制作材料:樹脂ねんど
制作時間:

コメント:昔の風景を樹脂ねんどを使い立体的に表現した作品
     樹脂ねんど制作骨材にスタイロフォームを使い仕上たもの
【2006/02/16 18:28】 | 模型 | page top↑
マンション模型(モデルルーム展示用)



制 作 年:2005
スケール:1/87
制作材料:アクリル
制作時間:900時間

コメント:透明の5mmアクリルを各階ごとに切削し積み上げ共用部分のみ正確に制作した短時間で効果を狙った模型
          
     

【2006/02/14 10:39】 | 模型 | page top↑
透明アクリル制作 内装模型



制 作 年:2005
スケール:1/50
制作材料:アクリル
制作時間:70時間

コメント:透明マットのアクリルで内装模型を作る
     ベースにライトを取付下部の光による効果を狙った模型
     
【2006/02/12 00:20】 | 模型 | page top↑
ジオラマ模型



制 作 年:2000
スケール:1/100(大きさ1200×2000/mm)
制作材料:紙/アクリル
制作時間:900時間

コメント:建物は某ハウスメーカーのペーパーキットを使用し     
     土地は長期用としてアクリルで制作した
     自動車は市販品(ヘルパ社製)
     人形は市販品(プライザー社製)
【2006/02/09 14:07】 | 模型 | page top↑
樹脂ねんど制作 昔の風景



制 作 年:2004
スケール:1/20
制作材料:樹脂ねんど
制作時間:

コメント:昔の風景を樹脂ねんどを使い立体的に表現した作品
     樹脂ねんど制作骨材にスタイロフォームを使い仕上たもの
      
【2006/02/09 13:37】 | 模型 | page top↑
スタディー模型 球場



制 作 年:2004
スケール:1/500
制作材料:アクリル
制作時間:30時間

コメント:建築本体はアクリル制作
     スタンド部分は3DCAM加工互
     屋根は0.3カレンダーシート熱による曲げ加工
【2006/02/08 21:17】 | 模型 | page top↑
スタディー模型 球場つづき


【2006/02/08 20:15】 | 模型 | page top↑
不思議な水道



水道の蛇口から水が出ているチョット不思議な模型
【2006/02/08 17:51】 | 模型 | page top↑
リアルな内装模型 その-3


【2006/02/08 17:49】 | 模型 | page top↑
リアルな内装模型 その-2


【2006/02/08 17:18】 | 模型 | page top↑
リアルな内装模型 その-1


【2006/02/08 17:15】 | 模型 | page top↑
人形 樹脂ねんど制作 その1-3本番



上は完成後のホームパーティーのシーン
下はプラン打ち合わせのシーン
【2006/02/08 15:27】 | 模型 | page top↑
人形 樹脂ねんど制作 その1-2試作



本模型に入る前の試作品
顔の表情等お客様に納得して頂くために試作品を制作し確認を受けた物
【2006/02/08 14:54】 | 模型 | page top↑
人形 樹脂ねんど制作 その1



制 作 年:2000/1
スケール:1/10
制作材料:樹脂ねんど
制作時間:8時間/1体

コメント:家が建つ迄を各シーン事に立体的に表現した作品
     樹脂ねんど制作(インナーバックアップ材はスタイロフォーム)を
     使いユニークに作った
      
【2006/02/08 13:45】 | 模型 | page top↑
コンペモデルその2



制 作 年:2005/9
スケール:1/500
制作材料:アクリル/低発泡エンビ/サンモジュール
制作時間:400時間

コメント:建築本体は白アクリルと透明アクリルで制作
     高層棟は白アクリルと透明アクリルを交互に積重ね
     植栽部分は塗装で仕上
     敷地は低発泡エンビに樹脂シート貼り
     近隣建物はサンモジュールを鋸でカットしてグレー塗装した
【2006/02/08 12:03】 | 模型 | page top↑
コンペモデルその2-2


【2006/02/08 11:56】 | 模型 | page top↑
紙の模型(プレゼン用)



制 作 年:2004/10
スケール:1/50
制作材料:ウッドラックパネル+紙+樹脂
制作時間:50時間×3

コメント:建築本体はウッドラックパネル+紙貼り
     ガラス面樹脂フィルム
     屋根はウッドラックパネル+樹脂加工
     小物はアクリル+塗装
     植栽部分は市販パウダー
     敷地はウッドラックパネル+紙貼り
     自動車は市販品   
【2006/02/08 10:16】 | 模型 | page top↑
用途別の材料選択
各材料の特徴及び用途の説明

アクリル樹脂(キャストタイプ)
    現在の模型制作の材料の中では硬質な部類になる
    基本的には機械加工が必要で鋸/NC加工機/レーザー彫刻等で切削する
    タイル等の溝を掘り込む作業には最も優れて精密模型にむく
    材料の厚さは0.2mm~15mmまでが一般的でそれ以上の物も存在する
長 所:加工性がよく耐久性に優れ熱にも強い特徴がある
    湿度による変形は無いため梅雨時季に強い
    接着材は液体のため素早く着き接着剤の盛り上がり等がない
    透明な材料は透過率が高くガラスよりも良い
    アクリル系水生塗料との相性も良い
    主に完成模型用で長期保存でも耐えうる可能性がある
短 所:材料コストは高く手による加工が難しい
    薄物の板は割れやすいので注意が必要である
    板厚の精度があまり無く広い面積のタイル彫刻加工は注意が必要である
    厚さ2mm以下で3×6(900×1800)サイズのものは無い
    硬質な為NC加工機では切断に時間がかかる
使用例:精密模型/コンペ/スタディー/マンション完成予想/他建築物全般
     手摺/ガラス/フェンス/ケース/水面表現 
      

塩化ビニール(硬質プレスタイプ)
    アクリルの次に硬質な部類である
    アクリルと同じく機械加工が必要で鋸/NC加工機/等で切削する
    レーザーはガスが発生しレンズを曇らせる為切削不可能である
    タイル等の溝を掘り込む作業は難しくそれなりの努力が必要になる
    材料の厚さは0.1mm~15mmまでが一般的でそれ以上の物も存在する
長 所:加工性がよく耐久性に優れ熱にも強い特徴がある
    湿度による変形は無いため梅雨時季に強い
    接着材は液体のため素早く着き接着剤の盛り上がり等がない
    45度の刃物でハーフカットし折り曲げれば接着面が出ない
    比較的薄物でも割れる危険性が少なく粘りがある
    比較的に板厚の精度が高い為厚さの種類も多い
    NC加工機での切断はアクリルより早い時間で済む
短 所:材料コストは中位で手による加工が難しい
    エンドミルでも切断が可能であるが但し切り口はアクリルには
    及ばずペーパーがけ作業も困難である。
    透明の材料の透過率もアクリルには及ばず
使用例:コンペ/スタディー/マンション完成予想/他建築物全般
     ガードレール


低発泡エンビ
    エンビ材ではあるがかなり軟質な部類である
    エンビと同じく機械加工も出来鋸/NC加工機/等で切削出来る
    レーザーはガスが発生しレンズを曇らせる為切削不可能である
    タイル等の溝を掘り込む作業には向かない
    材料の厚さは1mm~15mmまでが一般的でそれ以上の物も存在する
長 所:加工性はよく薄物はカッターナイフ等で容易に切れる
    カンナ加工も容易で価格は低コストである   
    湿度による変形は無いため梅雨時季に強い
    接着材は液体のため素早く着き接着剤の盛り上がり等がない
    NC加工機での切断はエンビより早い時間で済む
短 所:薄物材料の表面はあまり良くなく3mm以上が定番である   
    切り口は気泡が見え塗装の下地作りはパテが必要である
    塗装はアクリル系水性塗料はあまり好ましくないが可能である
    1mmの板は機械切断にはササクレて向かず実質2mm以上が望ましい
    比較的熱には弱くエンビの厚さに対する1/3と考えるべきである
    広い面積を使用しアクリルカバーでケース内に入れると直射日光は
    大敵で温度上昇で少しの時間で曲がってしまう危険性がある 
    その場合は3mm以上の厚さの物を選択したほうが無難である
使用例:スタディー/マンション完成予想/他建築物全般
     土地の制作/山の等高線コンター切


ABS樹脂(切削用)
    10mm以上の材料でNC加工用で薄物も有るが種類は少なめ
長 所:モデリング加工に最も適した材料であり加工性も優れ切削面は
    綺麗でアクリルに匹敵する
    切削の加工時間はアクリルよりも早い
    湿度による変形は無いため梅雨時季に強い
    塗装は非常に着きがよい表面も綺麗である
短 所:接着材で表面は解けやすい為あとが残る
    ナチュラルカラーが殆どで白の塗装では生地の色が影響する
使用例:土地の制作(団地造成の高低さ表現)に使用
    屋根等の3Dモデリング加工/近隣建物ブロック加工 


サンモジュール(MH-1503)
    比較的目の細かなタイプでモデリング加工用である
    接着材は瞬間接着で強力である
長 所:モデリング加工に最も適した材料であり加工性も優れる
    切削の加工時間はABSよりも早い
    カッターナイフで削ることが出来カンナ作業も効く
    湿度による変形は無いため梅雨時季に強い
短 所:薄く削ると割れ易いし角面がカケ易い
    気泡が有り塗装においては数回吹付けペーパーがけが必要
    薄オレンジ色が殆どで白の塗装では生地の色が影響する
使用例:土地の制作(法面)に使用
    3Dモデリング加工/近隣建物ブロック加工


紙(加工紙) 
    紙独特の柔らかさがあり加工も容易だが
    高度に仕上るのはかなり熟練が必要とする
    手作り感を要する模型には向いている
長 所:比較的低コストでカッターナイフで容易に切れる
    かなりの色及び種類がある 
短 所:特に湿度に弱く梅雨時季には向かずまた乾燥にも弱いので注意が必要
    大きな物は紙だけでは組み立てられず基礎になる物が必要でスチレン
    などの表面に貼り付けて仕上る必要がある 
    ただ樹脂系(低発泡エンビ)と相性は特に悪いので注意が必要
    退色が起こり易く長期保管には向かない
    大きな面積を仕上るには向かない(湿度/乾で燥伸縮する為)
    精密な模型には向かない
使用例:プレゼン用住宅模型     

【2006/02/07 18:49】 | 模型 | page top↑
マンション模型(モデルルーム展示用)その2



制 作 年:2005/10
スケール:1/150
制作材料:アクリル/塩ビ
制作時間:800時間

コメント:建築本体はアクリル製CAM切抜加工/塗装仕上げ/樹脂シート貼り
     植栽部分は市販パウダー
     敷地は塩ビ製CAM切抜加工/シート及び塗装仕上
     自動車はアクリル製CAM切削(自社製)       
【2006/02/07 16:18】 | 模型 | page top↑
住宅宅地造成模型(販売促進用)



制 作 年:2005/9
スケール:1/500
制作材料:アクリル/低発泡塩ビ/ABS/スタイロフォーム
制作時間:500時間

コメント:山部分はスタイロフォームを削り高さを合わせ
     市販パウダー使用(ウッドランドシーニック社)
     道路部分はグレーアクリルをCAMで切断シート貼り
     宅地部分はグレーアクリルをCAM切断り土部分はシート貼り
     住宅はABSを切断し屋根部分はCAMで3D彫刻 塗装仕上
     ガラス面はアルミシートをプリント貼り付け
【2006/02/07 14:37】 | 模型 | page top↑
マンション模型(モデルルーム展示用)



制 作 年:2005/12
スケール:1/80
制作材料:アクリル/塩ビ
制作時間:1500時間

コメント:建築本体はアクリル製CAM切抜加工/塗装仕上げ/樹脂シート貼り
     植栽部分は市販パウダー
     敷地は塩ビ製CAM切抜加工/シート及び塗装仕上
     自動車は市販品(ヘルパ社製)          
【2006/02/06 22:37】 | 模型 | page top↑
小学校既存模型



制 作 年:2005/10
スケール:1/100
制作材料:アクリル
制作時間:700時間

コメント:現地測量の上制作
     建築本体はアクリル製CAM切抜加工/塗装仕上げ
     屋根瓦アクリル3DCAM加工/塗装仕上げ
     植栽部分は市販パウダー
     敷地はアクリル製CAM切抜加工/シート及び塗装仕上
     人形は樹脂ねんどで制作
【2006/02/06 19:08】 | 模型 | page top↑
高速道路



制 作 年:2003/11
スケール:1/1000
制作材料:低発泡塩ビ
制作時間:300時間

コメント:地形は低発泡塩ビでコンター切抜/積層
     山部分は市販パウダー使用(ウッドランドシーニック社)
     道路部分はグレーアクリルをCAMで削りシート貼り
【2006/02/06 17:57】 | 模型 | page top↑
コンペモデルその1-2








【2006/02/06 17:25】 | 模型 | page top↑
コンペモデル



制 作 年:2005/10
スケール:1/400
制作材料:アクリル
制作時間:310時間

コメント:建築本体はホワイトアクリルと透明アクリルで制作
     植栽部分は塗装で仕上
     敷地は低発泡塩ビに塗装仕上げ
【2006/02/06 15:53】 | 模型 | page top↑
住宅Iイメージ模型(販売センター展示用)





制 作 年:2005/6
スケール:1/100
制作材料:低発泡塩ビ
制作時間:150時間

コメント:本体低発泡塩ビと透明アクリルで制作部分的に塗装で仕上てます
     植栽は市販パウダー使用
     敷地は低発泡塩ビにシート貼り仕上
【2006/02/06 15:22】 | 模型 | page top↑
| ホーム |